いらないものだらけ

シンプルに生きた先に幸せを見つけたいです🍀

死んだ本棚

私のハウツー本が増えてきて

居間の棚に、なんとなーく置いていて

トイレにこもる時に読んだりしています。


トイレに紙モノを置くのは

風水的にも良くないこととされているらしい

ことを

以前何かで見たような気がするのですが


居間にいると何かしらしてしまうし

トイレの狭い空間が

一番集中して読める読書タイムだったりします。


ここだけの話私は快便派で

食べたら、出るタイプ。よって

トイレも多め。

長め。


一節何かを読んで終わりだったりしますが、

何度も読んでいるところでも

繰り返し読むことで

改めて実行に移してみようかと

勇気をもらえる貴重な時間でもあります。


そんな私に勇気をくれる本達が

増えてきて、

最近子供達に本を買っていなく

もう読んでいない絵本が

本棚に置き去りになっているのが

気になりました。

死んだ本棚です。


本棚を生きかえらせたいとおもい

読まない絵本を処分して

私のハウツー本を置いて

さらに

増えていくチャレンジ発見ブックや

これから欲しい

伝記の本などを置くスペースをつくりたいと

目論んでいます。


その矢先に

ちゃっかり娘が

ちゃおを置こうとしているので、

ちょめ!


子供達セレクトよ今回処分対象の本。

娘は絵本全部いらない!といいましたが

息子は、これはダメ!これもダメ!笑

とこんなざま。

それでも、母や姉を見習い、

捨て判断力がついてきているような?息子。



狭いお家で快適に過ごせるように

生きて活かせる家になるように

モノの循環を通して

家族で生き生きと活かせる暮らしを

目指します。

良いことも悪いことも

水に流して執着せずに

生きていられたら、どんなによいか。