いらないものだらけ

ひとりごと

息子の手紙に癒される。

昨夜遅番から帰宅すると、

大体22時半頃なのですが。


子ども達は、既に就寝。


悪ガキモードの時は、まだ寝ずに

お布団で2人でキャッキャしていることも

あるのです。


寝顔がまた間抜けで笑いながらも

ホッとして、

1人ずつ頬をそっと撫でて

(寝ながらも顔をそむけて嫌がるのがちょっと可愛くてついついやってしまういけないかーさん)


居間へ。


一通の手紙が。



ばあたんがかれーをくれたよ

メールもうったけどかいたよ

これからもおしごとがんばってね

おきてたらえ本よんでね。


い、癒されるーーー!!(*´꒳`*)


札幌のくまときりんのくだりが

意味不明ですが笑

まあ、よし。

今朝くまときりんについて尋ねても

回答も意味不明!笑


可愛いので、よし(*´꒳`*)


えほんよんでね。って

起きて待ってる気満々ですが、

無事ばあたん(母)に寝かしつけてもらって

寝落ちしたらい。。。


しごともがんばってね。


こう書かれると、

普段母に仕事の弱音はいたり

愚痴きいてもらったりしてますが

仕事の弱音はけませんな。

頑張ろう!って背筋が伸びます!


いつまでこんな手紙くれるかな??☺️



さて!

今日は夜勤ですが、

これから父の見舞いに母と行きます!

母のカレー

昨日は日勤でした。

母が

カレーを作っておくから、帰りにうちに寄りなさい

と言ってくれました。


母が腕を骨折してから初めてのカレーです。

だいぶ家事もできるようになりました。


気持ちも前向きになり、痛みと向き合い

腕を動かすようになると、

細々したできること、できないことが

改めて自覚されると。


でも、

味は骨折まえとかわらず、母のカレー。

本当に懐かしくて美味しかったです。


親が病気やけがをすると、

焦って沢山の時間を共有したいと

思うようになります。


今度は父の退院後に父も一緒にカレーを食べたいです。

かいぞくポケット

今夜はかいぞくポケットシリーズ17、

こおったポケット

を読み聞かせしました。


小学生低から中学年むけで

長いので。

何回かに、分けて読みます。


息子が図書館で自分で選んだ本です。


前回も同じシリーズを借りました。

かいぞくポケットシリーズ

なかなか気に入ったようです。


子どもに読み聞かせするのが

楽しいです。

仕事の事を忘れて絵本の空想の世界に

浸れるこの時間は宝物のようです。

下の子は小2で

幼年童話くらいなら1人読書できるものも多いのですが、

1人で読めるくらいのを一晩でじっくり

読み聞かせさしたりもしています。